SAKURAHANA-Blog

野球肘

2018-04-08 14:27

今日は野球肘についてです。
多くのメジャーリーガーを輩出しているドミニカ共和国を日本の医師が訪れ、野球少年に多い関節障害「野球肘」の発症率を調べたところ、日本に比べ圧倒的に低かったようです。
小学生から高校生の野球選手を調査した結果、肘の外側の骨と軟骨がぶつかって破壊される離断性骨軟骨炎の発症率はほぼ0%。慶友整形外科病院の検診で発見されるのは約3%。日本の同世代の発症率は2~8%。
さらに、内側の靱帯が引っ張られて骨の一部がはがれる裂離骨折の発症率は、同病院で35%、日本では30~50%とされるのに対し、ドミニカは15%だった。日本では約半数近くの小学生が肘の痛みを経験しており、世界的にも異常な数値だという。
16年度の調査によると、中学生の練習日数は7割以上が週に6、7日で3割以上が土日の練習時間は7時間以上。一方、ドミニカの小中学生の練習は週5日ほどで1日の練習時間は3時間に満たないようです。
よく部活で怪我をされて来院される学生もいますが、だいたいがオーバーユースでの怪我で、そんな中でも部活は休めない子がほとんどで怪我の完治に時間がかかっています。
早く怪我を治すのにも怪我になる前のメンテナンスも重要です。
#ふじもり桜花整骨院
0426983114
八王子市緑町604-1ハイブリッジマンション1号室
8:30〜21:30

#美と健康は体の中に #八王子 #整骨院 #交通事故 #マッサージ #整体 #骨盤矯正 #肩こり #腰痛 #体質改善 #内臓機能低下 #代謝アップ #ラジオ波 #キャビテーション #ダイエット #筋トレ #EMS #インナーマッスル #野球肘 #ヘッドスパ #むくみ #頭痛 #関節痛 #食事療法 #めじろ台 #片倉 #西八王子 #代官山田

ふじもり桜花整骨院